上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先週の木曜の夜のこと。


お友達とのディナーに出掛けようと、旦那くんと私がせっせと支度していた時。


ガッターーーーーン!

ぎゃーーーーーーーーーーー!


すんごい音で何事かと思ったら、どんちゃんがソファーから落下して流血事件。

唇からどんどん血が出てるので、夫婦で焦って止血してたら、おでこがプクーっと腫れて来た。
漫画みたいな大きなタンコブを目の前にして、さらに夫婦で焦ってERへ直行。


幸い、自宅からERまで近いし(といっても車で15分はかかるけど)、
患者さんも少なめだったので比較的早めに診てもらうことができました。


結局、脳に異常はなくて、下唇を一針ぬって終わりました。




その後旦那くんと、大した事なくて本当によかったと幸せを噛み締めました。
骨折もなし、歯も折れてない。
不幸中の幸いです。

しかしERまでの車の中、どんちゃんが瞼を閉じ始めた時は生きた心地がしませんでした。
痛みのせいだったと今は分かるけど、その時はもしかしたら脳に損傷が起きたのかと思って‥。

旦那くんも後日、「自分の娘が血だらけになるなんてショックだった」と言ってました。

この程度の怪我は日常茶飯事なんだろうけど、やっぱり我が子の事となると焦ってしまうのが親心なんですね。




その後、どんちゃんは少しずつですが順調に回復中。
ただ、ご飯が傷にしみて痛がったり、毎食後に消毒するときにかなりしみてギャン泣きするのが痛々しい。
今日はカサブタが剥げちゃったからこれまた大変そう。

早く完治しておいしいご飯を思いっきり食べられるようになるといいね、どんちゃん。
スポンサーサイト



スポンサードリンク
2011.08.01 Mon l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

診察が終るまでのご夫婦の気持、分かります~。
うちも何度か駆け込んだ事があります。
唇1針で、脳にも異常がなくてよかったですね~。
お大事に。
2011.08.02 Tue l ree. URL l 編集
reeさん
何度かERのお世話になるのは、やっぱり親としての宿命なんですね~。
うちの子は大人しい方なので油断してました。
でも子供が大きくなるにつれて落ち着くのかしら?
2011.08.03 Wed l ごろり. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://floridaoranges.blog36.fc2.com/tb.php/84-c96c858c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。