上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
みなさん、こんにちは!

前回に引き続き、「アメリカで初めての出産」シリーズをお贈りします。

第一回、「初めての妊娠は、前置胎盤」こちら
第二回、「前置胎盤、イコール絶対安静?」こちら をご覧ください。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::


帝王切開当日の様子を伝える前に、
前置胎盤についてもう少しだけお話します。


前置胎盤には、胎盤の子宮口へのかかり具合で、

・全前置胎盤
・一部前置胎盤
・辺縁前置胎盤

の3種類に分類されます。

子宮口へ胎盤がかかればかかるほど、つまり、全前置胎盤に近ければ近いほど
出血の危険を伴う確率も高まる、とのこと。


さて、私の場合は、真ん中の「一部前置胎盤」でした。

全前置胎盤ほどの危険性はないものの、やっぱり出血には大いに気をつけて
生活していました。


しかし、アメリカの産婦人科は相変わらず緊張感がなく、検診の時も、

「何か気になることある?体調は普通通り?
まぁ、出血したりしたら電話かけてね~♪」

と言われたくらいで、全くもって大事大事にされませんでした。笑



ところで、前置胎盤という仰々しい症状を言い渡された妻を持つ旦那くん。


彼の反応は、

「ねぇねぇ、胎盤が子宮口にかかってるってことはさ、
『受精卵がギリギリ子宮口に引っかかってセーフだった』
ってことだよね??」




「あははは!さすが、ごろりの娘だねー!
運動神経なくてトロいのそっくり!!」


と、大ウケ





アンタも緊張感なさすぎじゃ!!


☆只今5位まで上昇!いつも応援ありがとうございます!!☆

スポンサーサイト



スポンサードリンク
2008.10.06 Mon l アメリカで出産 l COM(6) TB(0) l top ▲

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.10.06 Mon l . l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.10.07 Tue l . l 編集
前置胎盤
私も3人目はそうでした~~。
日本だったから、入院する?って言われましたよ~。
ホント日本と欧米って、お産に対する扱い違いますよね。
私も上に子どもがいたから入院はしなかったけど、結構絶対安静!!みたいな気構えで基本寝てました。
結果子どもが大きくなりすぎてお産が大変でした・汗
先ほどはブログに遊びに来てくれてありがとう!!ポチしていきますね!
2008.10.07 Tue l りおん. URL l 編集
あはは。
旦那さんもけっこう言いますね~(笑)でも本当に娘さんが無事生まれてきて良かったですね。妊娠中、あと出産ももちろんですが、何があるかわからないし、、
ランキングのバナー、このパソコンで何故かやっぱり見えないんです。今日本で母のパソコンを使ってるので、私のブログの映りもなんか違ってたりして。なんででしょうね。OSの違いかな?
2008.10.07 Tue l rio. URL l 編集
Re:りおんさん
りおんさんも前置胎盤を経験されたんですね。奇遇!
日本ではやっぱり入院を勧められるんですね。ふむふむ。
でも、体験談などによると、入院して絶対安静だとかなりストレスが溜まるらしいので、日米どちらの対応がいいのかは分からないな、と思いました。

りおんさんは、上にお子さんが二人いるのに絶対安静でさぞかし大変だったでしょうね。お疲れさまです。

応援クリックもありがとうございます!またブログに遊びに行きますね♪
2008.10.07 Tue l ごろり. URL l 編集
Re: rioさん
旦那は結構好き勝手な事いってますねー。まぁ、面白いからいいか、と流してしまってますが。あ、何事もなく娘が生まれたからこうやって笑えるんですよね。感謝しないと!

ブログランキングはやっぱり見えないんですか。うーん。MozillaとExplorerは問題なく見えてると思うのですが。不都合をお掛けしてしまって申し訳ないです。もしも原因がわかったら、即、対応しますね。
2008.10.07 Tue l ごろり. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://floridaoranges.blog36.fc2.com/tb.php/15-2912c13a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。