上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今日は、前に言っていた、3歳児ピアノグループレッスンの第一回目でした。





結果から言うと‥




惨敗!


ぎゃーーー、です。

明日3歳になる男の子一人、+うちの子どんちゃん、の計二人だったんですが。

その男の子がこれでもかという程シャイな上、ピアノに興味が全くなし。

リズム取ったり、ピアノを触ったりというアクティビティ、一っつも参加せず。



その子のママに参加してもらおうとしても、「ママ、だめ!」

どんちゃんのダッキー(ぬいぐるみ)を使って緊張をほぐして笑顔も見えて来たんですが、
結局一度もピアノに触れる事もありませんでした。


まあ、どの子も最初はシャイであんまり打ち解けてくれないし、
そのうち慣れてくれるだろうから気長に頑張ろうと思ってたんだけど‥

さっき、その子のママから恐れていたメールが来て‥


はい、レッスン中止になりました。


ふー。



もちろんね、ピアノ習っている子が全員、常にピアノ大好き!なんて思ってないんですが。

これだけは一つ学びました。


3~4歳の子は、本当にピアノに興味がある子だけ教える。


別にコツコツ練習出来なくても良いんです。
3歳って、まずあんまり練習という練習は出来ないし。

ただ、自分から「ピアノ弾きたい!」っていう子じゃないと、やっぱり教える側も大変だわ。



ちなみに、もっと大きい子(5~6歳)なら、本人が毛嫌いしてない限り、
ピアノのレッスンは受けられると思います。

この頃なら、集中力、持久力、理解力がぐんと上がっているから。


でも、3歳ってまだまだ先生の話もきちんと聞けない事が多いから、
本人が本当にピアノをやりたい!って思ってないと難しいみたいです。


今日の子も、そのうち興味がわいてまたピアノを始めると良いなあ。

いつか曲を弾けるようになって、音楽のなかで泳ぐ楽しさを実感して欲しいです。




さーて、そんなこんなでガックリな今日でしたが、負けません!

これからもっともっと勉強して、良い先生になるよう努力しよう。
一人でもたくさんの人達に、自分が学んだ事を伝えられるように頑張ろう!!


スポンサードリンク
スポンサーサイト
2011.05.13 Fri l ピアノ l COM(2) TB(0) l top ▲
さっき、Amazon.comで頼んでいた品物が届きました♪


Ultimate Piano Classics (Slip)Ultimate Piano Classics (Slip)
(2006/11/14)
Franz Liszt、 他

商品詳細を見る



Meet the Great Composers  Book 1 (Learning Link)Meet the Great Composers Book 1 (Learning Link)
(1995/07)
June Montgomery、Maurice Hison 他

商品詳細を見る


CDは色んな名曲のダイジェスト版。5枚組で$16くらいでした。安いよね?
生徒さんにコピーして配ろうと思って購入。
でも私自身も聴くのを楽しんでます。
お昼を食べながら視聴。幸せ。

本は、有名な作曲家達を簡単に紹介していて、小学生~中学生向けに書かれています。
CD付きなので、これまたお得。

今教えている生徒さんの一人が、作曲家のことや音楽用語に興味があるので
毎週、作曲家一人分をコピーして渡す予定です。

私も読んで、もう一回勉強し直しとこ‥汗。


スポンサードリンク
2011.05.12 Thu l ピアノ l COM(2) TB(0) l top ▲
(なんか中国語のようなタイトル?)

今日の午後、ピアノの練習をしていて、ふとやってみた練習方法が大ヒット
あまりに短時間でメキメキと上達したので、書き留めておきます。




端的に言うとね、

1、片手ずつの練習をして、それぞれのメロディと伴奏の流れを大体把握。

2、右手だけ鍵盤で弾いて、左手は自分の太腿の上で弾く。

3、左手だけ鍵盤で弾いて、右手は自分の太腿の上で弾く。

4、両手で弾く。


コツは、指使い厳守。ステップ1で指使いはマスターしておく。

この方法だと、ステップ2と3の時に、太腿で弾いている方の手の細かいエラーを気にしなくていいのね。

ほら、ステップ1の後、いきなりステップ4に飛ぶとさ、
どっちかの手が音を外すたびに止まっちゃうやん。

でも、ステップ2と3を挿む事で、両手で弾いた際の手の動きが大まかに把握出来るのね。

太腿で弾いてる手が指使いを間違った時は止まってやり直すけど、
音を間違って弾くことはないので(太腿は音しないからね)
練習中につっかかる回数が減る、って感じです。




ってなんか分かりづらいかな!?汗

ともかく、階段2段飛びする代わりに、一段ずつ律儀に登っていくイメージです。笑。


訪問者の少ない私のブログ、ピアノを習っている方が読んでくれる可能性は少ないだろうけど、
もしもまだこの練習した事ない方の目に留まるといいな、と思って書いときました~。



ところで、今日練習してた曲は、モーツアルトのピアノソナタK331 in A major の第1楽章です。

のだめカンタービレで、のだめは

「モーツアルトってピンク色~」

って言ってたけど、私はもっとスカイブルーとか若草色な爽やかなイメージかなあ。

クリーンで完成された、余分な物がついてないイメージ。



みなさんのモーツアルト、何色ですか?


スポンサードリンク
2011.04.08 Fri l ピアノ l COM(0) TB(0) l top ▲
先週末は、大学時代のお友達2人が泊まりに来てました。
一緒にオレンジ農家のツアーに行ったり、ビーチに行ったり。
のんびり楽しい一時を過ごせました。

しかし旦那くん、最近の疲れも溜まってたのか、昨晩の夜にダウン。
(お友達は昨日の早朝に帰ってたのでセーフ)

「なんか気持ち悪い‥疲れた」

といって、夜7時に就寝。


大丈夫なの!?って心配したのもつかの間、今朝、

「10時間寝てすっきりしたーーー!」

と元気はつらつになってました。よかった。




さて、どんちゃんの居ぬ間(=プリスクール)にピアノの練習。

今月末のイースターの週末に、旦那くんの妹が晴れて結婚します。
私は音大卒ということもあって、必然的にピアノ担当になってました。

しかし人前で弾くのって何年ぶり!?4年??ぎゃーーーーー。

当日は緊張しちゃうと思うので、念入りに練習してる所です‥。


せっかくなので、これを期に少しずつピアノ演奏の仕事にも手を出していこうかと。
鈍りまくった両手に喝!入れて、クラシック曲メインでレパートリーを増やす予定です。

50曲くらい準備出来たらネットや人脈で宣伝していくつもりです。

結婚式とか各種パーティーで声をかけてもらえるよう、頑張ります!




スポンサードリンク
2011.04.05 Tue l ピアノ l COM(2) TB(0) l top ▲
たった今、7歳の女の子のレッスンをし終えたところです。

この子を教え出してから、早1年と2ヶ月ほどが経ったんだけど…


ついに、

絶対音感

を獲得!!!


バンザーーーーーイ!!!


その子はもう7歳だけど、ギリギリ大丈夫かな??と思って
ちょくちょく耳のトレーニングをしてました。

今日のレッスンでも、いつもの様にトレーニングをしてたら、
見事、全問正解!!

まだ単音だけで和音まではいってないけれど、
これからもっと良い耳を持てるのではないかと思うと嬉しくって♪


こんな風に、生徒さんの成長を間近に見られることほど嬉しいものはない!


【おまけ】

因みに、アメリカでは「ドレミ…」の代わりに「CDE…」で教えるのが主流。
でも、この子はまだ「CDE」に染まっていないので「ドレミ」で教えています。
「ドレミ」の方が音感が良くなるんだと。
この話は長くなりそうなので、詳しくはまた今度。


☆いつも応援ありがとうございます☆





スポンサードリンク
2008.10.12 Sun l ピアノ l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。