上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
だらけた週末もパジャマデーになりがちやけど、
そじゃなくて娘どんちゃんのプリスクールのことです。

今週はPをお勉強してるから、今日はみんなでパジャマデーなんやって。
パジャマ(pajama)着ていって、枕(pillow)持って行って、
みんなでポップコーン(popcorn)食べるんだって。

Pで始まる言葉の大盤振る舞いやね。

ちゃんと先生達もパジャマ来てたよ。


そういや園児達が持ってきてた枕ね、大半が今はやりのPillow Petやった。
pillow pet

アヒルマニアの娘はもちろん、アヒルのピローペット持っててね。
クラスの先生に、「まさかピローペットまでアヒル!?」って驚かれてたよ。笑

アヒル(正しく言うとヒヨコなんだけど、彼女に取ってはヒヨコもアヒル)のパジャマ来て、
アヒルの枕もって、親友のダッキー(アヒル)も連れてご機嫌でした、どんちゃん。


彼女のアヒルコレクション、どんどん増えてるなー。
バスルームはアヒルがテーマやし、アヒルのブランケットやし、
アヒルのキーホルダーやらネックレスやらあるし。

最近は母性本能も目覚めたらしくって、彼女はダッキーのママらしい。
ダッキーにおっぱいあげたり、抱っこしてゆらゆらしたり、本読んであげたりしてる。
この間は出産シーンに(シャツの下からダッキーを出す)にも立ち会わせてくれた‥。


そういや、どんちゃんは今のプリスクール3年目だから、今日のパジャマデーも3回目なんやけど、
ちゃんとパジャマで参加するのは実は初めて。

一年目は母親の私がぼーっとしてて普段着。
二年目は連絡を貰ってなくて、パジャマデーとは知らずに普段着。

三度目の正直やね。

今年も忘れたらどうしようって数日前からドキドキしてたよ、母は‥。
忘れんでよかったー。



さてそろそろウォーキング行ってくる!
(えまさん、「ぉ」の打ち方教えてくれてありがとう!!)


スポンサードリンク
スポンサーサイト
2012.02.16 Thu l 子育て l COM(2) TB(0) l top ▲
どんちゃん、現在4歳で来年度(8月)からはVPKに入ります。

VPKってのは、Voluntary Pre-Kindergartenの略で、
4歳の子ども達に無料で教育の場を与えるという、フロリダ全州で実地されているもの。

こっちのキンダー(Kindergarten)は日本の小学一年生みたいな位置づけで、
この年からがんがん勉強させられるようになるらしい。
アルファベットの読みや、図形、数字などの基本的な知識はすでに知ってるものとして
子ども達に教えるから、それに備えて勉強させましょ、っていうのがVPK。

どうもね、フロリダの教育水準はかなり下の方やけ、
こりゃいかんやろ、ちょっと子どもの頃から勉強頑張らせよ、と上の方の人が思ったみたい。


とまあ前置きが長くなったけど、無料やしうちの子も行かせとこーと思って
昨年末くらいから私もいろんな学校を見に行ってきたんよね。

今どんちゃんが通ってるプリスクール(保育園/幼稚園)はVPKないから、
通わせたい小学校のVPKに行かせようと思って、結構真剣に選んでたと。

選択肢は、
•ウチの近くの公立小学校
•小規模なチャータースクール(公立だけど政府の介入が少なくて私立っぽい雰囲気)の小学校
•遠方のマグネットスクール

結果、三番目のマグネットスクールに決定。


マグネットスクールってのは、公立なんだけど、特別なカリキュラムに沿って運営されてる学校。
ここは、IB Programっていうインターナショナルスタディを取り入れてるとこ。
世界の国々を知り、視野の広い人間に育てましょーってところです。

ここね、本当に評判がよくって悪い噂も聞いたことなくて。
他の二つの学校は、好きな人もおれば嫌いな人もおる感じやったんやけど、
このマグネットスクールは大人気。

だからVPKもすぐ埋まっちゃうらしいので、応募開始一日目の早朝に
一番乗りで申し込みしてきたよー。
先着順やけめっちゃ張り切ってきた。笑

4月頃には正式にお手紙が来て、宿題なんかももう出ちゃうんだって。


しかしアメリカの子ども達って予想に反して結構忙しいんやねー。
受験戦争ないし、塾とかあんま行ってる子いないし、みんなのびのび過ごしてんのかと思ったけど、
小学校から宿題じゃんじゃん出るし、習いごと(しかも多数)をしてる子が大半やし。

旦那くんに、「子どもの頃、勉強してたん?」聞いたら、
「いや、大学生になるまでちゃんと勉強した事ない」言ってたから、
最近の子達だけなんやろうか、こんな忙しいの。

どんちゃんにもちゃんと宿題して学校でも順調に進級して欲しいなーと思うけど、
習い事やりさせすぎには注意しとこ。



と話がずれてきたけど、とりあえず来年からの学校が決まってほっとしている我が家でした。


スポンサードリンク
2012.02.15 Wed l 子育て l COM(4) TB(0) l top ▲
娘どんちゃん。

あと一週間足らずで生後14ヶ月。


毎日元気に歩き回ってるんですが、未だにが付くほどの少食者です。



そんな彼女の最近のお気に入りは、「Teething Cookies (噛み噛みクッキーと命名)」


teething cookies


大人が食べるとね、「うーーーーー・・・ん?」って味なんですが、
彼女は美味しいと思ってるらしい。

(もしも食べてくれなかったら、私が消費しなきゃなー、って思ってたから助かったー!)


いや、美味しいって思ってるんじゃなくて、
噛むのが楽しいだけかも??



一日一つ、ガジガジと嬉しそうに齧っております。

もちろん完食はしないんだけどね。


レシピは、Wondertimeという育児雑誌から。

以前、Amazon.comでどんちゃんの洋服を買ったときに、

「購入した人にはもれなくWondertimeを一年間さしあげます!」

みたいなキャンペーンをしてたのがキッカケで、
今月からこの雑誌の読者となりました。

ちなみに、アメリカの雑誌は定期購読すると、とってもお得。
$10前後で、雑誌を一年間、自宅に郵送してもらえます。




yummy

↑嬉しそうに(見えないけど)噛み噛みクッキーを食べてる娘。


このクッキー、真ん中に穴が開いてるから、
持ちやすくてお気に入りみたい。

食卓の上に置いておくと、気付いたら自分で取ってガジガジ噛みながら
ヨチヨチどっかに歩いて行ってたり。



そのうち、普通のご飯やおやつにも、このくらいの勢いで
かぶりついていってくれる…かな??


とりあえず、どんちゃんの好物が一つ増えてよかった~。


☆いつも応援ありがとう☆








スポンサードリンク
2009.01.16 Fri l 子育て l COM(6) TB(0) l top ▲
今日、というより、午前1時の今となっては昨日の話になりますが、
ちょっと事件が起こりました。



午前中、遅ればせながら1歳検診に行ってきたのですが、
その後、小児科から電話が。


「もうお宅のお子さんは、うちでは診ることができないので
 他の医者を探しなさい」


と来た。


どうやら、

●とある事柄について、小児科と我が家の考えが決定的に不一致な事
 (賛否両論のあるトピックなので、ここでお話するのはちょっと控えます。ごめんね)

●どんちゃんの体重が増えず、成長のチャートから外れてしまったこと

●前回の検診の時から、どんちゃんの血液中の鉄分が低いこと



などから、

あなたは自分の子供の健康を無視しつづけている。
子供を病気から守る努力をしていない。
だから、うちの病院では、もう診られない。


という、理不尽な結論づけ&親として失格の烙印を勝手に押されてしまいました。


その小児科とは、本当に意見が合わなくて、
実は他の小児科を本気で探していた時期がありました。

でも、色々あって、小児科探しは暗礁に乗っていたところだったんです。


なので、旦那くんに言わせれば、そんな信頼できない小児科、
こっちから願い下げ、とのこと。


そういう言う訳で、そんなにショックを受けるべきじゃないんだけど、
でもやっぱり腑に落ちないことがあるので、ちょっと書かせてね。


●本音は、「意見の食い違い→患者を見限る」でしょ?

仮に、その小児科の言うことが正しいとして、私達夫婦がどんちゃんのことを
「無視」しているとします。

本当に患者(どんちゃん)のことを心配しているのなら、
私達夫婦のサポート、説得に全力を尽くすのが良い小児科じゃないのかな?


今回の小児科の本音は、

「意見が合わない父兄と話し合うほど、うちは暇じゃない」

「うちの方針に従えないのなら、責任は取れないからもう来ないでくれ」

だと思います。

どんちゃんのことを本当に心配してるんじゃなくて、
ズバリ、意見の合わない患者はもう面倒くさいんでしょう。

そういう現実は良く分かる。

でも、私達のような患者を見下したり悪者扱いするんじゃなしに、
もう少し敬意を払うことは可能だと思うのね。



●栄養についての知識、本当にあるの?


この小児科の指導で一番ビックリしたことは、離乳食や幼児食についての知識。

今までに、こんなアドバイスともいえないアドバイスをもらいました。

・4ヵ月を過ぎたら、水分補給にスプライトをあげてOK

・体重増加のため、高カロリーのものをあげなさい。例えば…
  ●ヌードルにバターをまぶしたもの
  ●マカロニ&チーズ(茹でたマカロニにチーズソースを和えたもの)


0歳児に炭酸飲料・・・!?

体重増加のためだからって、
我が子にひたすら栄養価なしの脂肪分を注ぎ込めと・・・!?


せめて、

「ヌードルは全粒粉にしてビタミンB補給、マカロニ&チーズにも、野菜やお肉などを混ぜ込んで他の栄養価も取れるようにね」

なんて言ってくれれば説得力もあったと思うんですが…。汗

炭酸飲料については、開いた口も塞がらない、とはこのことです。




と、そんなこんなで、
こーんな信頼できない小児科に、二度と会わなくていいのは
結果としていいことなんだろうな、と思います。


「あなたは子供の健康を無視してる」なんて言われたけど、

「この世で一番、娘のことを想って行動している人間に、
 そんな失礼な言葉を使うな」


と物申してやったし、ちょっとスッキリ。笑


どんちゃんの新しい小児科探しは、イバラの道となるかもしれませんが…

夫婦で頑張って、もっともっと良い先生を娘に探してみせるぞ!!!



いや~、アメリカ生活、鍛えられまっす!




ここまで読んでくれたみなさん、愚痴っぽくなってごめんね。

ブログを暗い方向に持っていきたくないので、
今回の事について書くべきか否か悩んだのですが、

「こんな腑に落ちない事件、ブログのネタにしないでどうする!」


というケチ心に負けました。笑


せめて、

「へ~、アメリカで子育てしてると、こういうこともあるのか~」

っていう情報の一つとなったらいいな。



最後まで読んでくれて、ありがとう!


☆応援ありがとう☆




スポンサードリンク
2008.12.20 Sat l 子育て l COM(11) TB(0) l top ▲
先日、病気で病院に掛かったときに、体重を測ってもらった娘。

1歳になったというのに、なんとしたことか、たったの17ポンド(約7.7kg)


せっかく、日本のじいじとばあばが、お誕生日プレゼントに
セカンドベビーカーシートを買ってくれたのに、
体重が軽すぎて使えない~。涙


最近はムチムチ感も減ってきて、なんだかスレンダーなどんちゃん。

もっと太ってもらいましょう、ということで、
母は「どんちゃん(健康的に)巨大化計画」を実行中です。



その第一弾として、水分補給はアーモンドミルクをあげるようにしています。



アーモンドミルクとは、簡単に言えば、豆乳のアーモンド版。

アーモンドの薫りがよく、牛乳臭さや豆乳が苦手な人でも飲めるかも。

   almond milk

我が家は、Almond Breezeというメーカーのものを買っています。



今までは、どんちゃんの好きな麦茶をあげてたけれど、
小児科の先生からのアドバイスにしたがい、
もうちょっとカロリーのある飲み物=アーモンドミルクをあげることにしました。

本人も気に入ったようで、自分でシッピーカップを持って
上手に飲んでます。



因みに、我が家は普通の牛乳はめっきり飲まなくなりました。

以前は、オーガニックの牛乳にお世話になってたけれど、
最近はこのアーモンドミルクにハマってます。


お値段もね、オーガニックの牛乳の約$3.75に比べると
アーモンドミルクの方が、$3.25と少しお得。

最近は、クーポンも駆使して$2.35で買ってました。倹約主婦だわ~。笑



とにかく、どんちゃんがこれからもアーモンドミルクをゴクゴクと飲んで
体重増加に繋がるといいな~。


☆いつも応援ありがとう☆




スポンサードリンク
2008.12.19 Fri l 子育て l COM(3) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。